bannerjpn.jpg

ひとつずつ学校を変え
多くのひとの人生を好転

このサイトでは、教育における根本的な変化を目指すセカンダリスクール(中等学校)の指導者や保護者、生徒、研究者たちを対象に、「縦割りチューター制度(VT)」について詳しく説明しています。「現代社会では、学校教育が行き先を見失い、人びとの心身の健康を脅かし、学習を妨げる原因となっているのではないか」と感じ始めている皆さんはぜひご覧ください。

ここでは、学校組織の変化、そしてバリュー主導の学習文化育成の重要性について学んでいただけます。現存の同年齢集団による学習環境では、子どもたちが仲間割れし、その学習能力が制限されているのではという感じている皆さん、そしてKen Wilberがいうところの「より思慮深く組織を運営したいと強く感じているものの、それが本当に可能なのか、どのように実践すればいいのか分からない」という皆さんが参考にできる情報をたくさんご紹介しています。

このサイトは、学校全体を改善したいと望む人たちに代替的な教育手段としての縦割りチューター制度(VT)について学んでもらうことを目的としています。

<留意点> 

縦割りチューター制度(VT)は、異年齢集団のクラスを作ることが目的ではありません。VTは、毎日約20分間、チューターグループまたはホームルームグループで集まることで実践できます。集団構造を変えることで、人間を学校の構造に適応させるのではなく、学校の構造を人間に適応させるのです。例えば、画一的な制度を異なる状況に当てはめるのではなく、個人個人のニーズや学習レベルに合わせて順応性のある制度を取り入れるのです。

Vertical Tutoring (VT): 縦割りチューター制度